ハーブの使い方


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブティーの作り方

1.ハーブティーの分量

ハーブティー1人分は、ドライ・ティーでティースプーンに約1杯ティーカップ1杯分(約150~200cc)に対してスプーン1杯(5g)となります。

市販のドライ・ティーは、葉が細かく細断されている場合ホール状(葉の原形を保っている)のものとがあるので、形状によって若干分量の判断に違いが出ます。

細かいものはやや少なめにしますが、ホールのものはわざわざ細かくする必要はありません。ティーパックを利用する場合は、それぞれの指示にしたがってください。

2.ハーブティーの入れ物

ハーブを適量ポットなどに入れます。そして一度沸騰させてから一呼吸置いた熱湯を注ぎ、香りを逃がさないように素早くふたをして3~5分おきます。

3~5分というのは、花や葉のティーの場合の平均的な時間です。

ハイビスカスのようにひとつの大きな固まりになっている場合や、ハーブ・コーヒーのように根の部分で硬い素材のお茶の場合には、少々時間を長めに置いてもよいでしょう。

その場合でも10分以上置くことはしません

3.ハーブティーの濃さ

濃い目のハーブ・ティーを飲みたいときには、素材の量を多めにして入れます。

ハーブティーの独特の風味を失わせないためにも、置く時間を長くして濃いお茶を得ることは避けます

4.ハーブティーの色

例外的に、マロウはその色目の鮮やかな変化を楽しむためにカップの中にドライの花を入れてお湯を注ぐ方法をとります。

ブルーのティーが、放っておくとグレーになり、レモン汁を落とすとピンクに変わります


フレッシュハーブを使って

1.フレッシュハーブティーの入れ方

フレッシュティーの入れ方も、基本的にはドライ・ティーと同じです。

2.素材の分量

ティーの材料のフレッシュの分量は、1人分がティー・スプーンに約三杯

フレッシュのときには、ドライの3倍の量で考えるというのが一応の目安です。

分かりにくければ、ハーブの香りの強さによっても若干違いますが、10cmくらいの枝1~2本を1人分としてみてもよいでしょう。

3.フレッシュハーブを洗う

フレッシュハーブはさっと洗い、水気を切っておきます。

4.フレッシュハーブの利用部分

ハーブの柔らかい部分は枝ごと、枝の固いものは葉だけ取って使います。

5.フレッシュハーブティーを入れる

ポットに合わせて、適当な大きさに千切りますが、あまり細かくするとフレッシュの場合青臭くなることがありますので、粗いくらいでよいでしょう。

また、少し大きめのままのハーブで入れてみると、ドライ・ティーを入れたときには味わえない贅沢感も楽しむことができます。


一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑