ハーブの特徴と効果


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

用途別 ハーブ効能一覧

用途別にハーブの効能を紹介

安眠には

小さなもの音でも目が覚めてしまったり、気持ちが高ぶって眠れない夜には、心を穏やかにして安眠を誘うハーブを。ラベンダーやカモミールが最適です。

ハーブ 効果・効能
ラベンダー ピローやポプリにして寝室に置くと、心を静かにしてくれる効果があります。
カモミール 寝る前にハーブティーにして飲むと、やさしい香りと味が心を落ち着かせてくれ、安眠効果抜群です。

ラベンダーカモミール

風邪には

風邪の引き始めには、鎮静効果のあるハーブをティーにしたり、お風呂に入れたりするとよいでしょう。ドイツでは、特にカモミールティーが有名です。

ハーブ 効果・効能
カモミール 風邪の引きはじめに。
エキナセア 弱った免疫力を強化し、病気に対する抵抗力を高め、直接ウイルスを攻撃する抗ウイルス作用もあります。
ユーカリ 抗ウイルス作用や解熱・消炎作用に優れているとされ、風邪の予防や鼻水、咳、痰にも効果があると言われている。
タイム
アニスヒソップ
ヒソップ
コモンマロウ
マシュマロウ
殺菌力があり、のどの痛みやせきを鎮めるのに効果的。

カモミールエキナセアユーカリタイムアニスヒソップヒソップコモンマロウマシュマロう


花粉症には

くしゃみや鼻水、目の充血など、花粉症の症状はとても不愉快ですね。

そんな時は、清涼感のあるハーブやアレルギーを和らげるハーブを用いましょう。体調は食べ物にも左右されますから、普段の食生活にも気を付けてください。

ハーブ 効果・効能
ペパーミント すっきりとした香りが、鼻づまりを軽減します。
カモミール アレルギー症状をやわらげます。
ユーカリ ユーカリの鉢植えを窓際などの室内に置いておくと、花粉症の症状を緩和する作用があるとのこと。
ローズ 殺菌力があり、のどの痛みやせきを鎮めるのに効果的。炎症を鎮めます。

ミントカモミールユーカリローズ


筋肉疲労には

一日中デスクワークをしていると、肩や背中、首などの筋肉に疲労がたまります。痛みが生じる前に、それをほぐしてあげましょう。

ハーブ 効果・効能
マジョラム 炎症やけいれんを抑える働きがあります。
ローズマリー 疲労回復に効果があり、筋肉を柔らかくしてくれます。
ラベンダー アレルギー症状をやわらげます痛みを和らげて、炎症を鎮めます。

マジョラムローズマリーラベンダー


湿疹・かぶれには

殺菌・抗菌作用を持つハーブローションで肌を清潔に保ったり、ビタミンCを含むハーブティーを飲むとよいでしょう。

ハーブ 効果・効能
カモミール 毛穴の汚れを落としたり、肌を引き締める作用があります。
ローズ ローションは乾燥肌もオイリー肌も整えてくれます。
ポットマリーゴールド 皮膚や粘膜を保護します。

カモミールローズポットマリーゴールド


生理痛には

ハーブの中には、ホルモンのバランスを整えたり、気分を高めたり痛みを抑えたりといった効用を持つものがあります。

ハーブ 効果・効能
マジョラム 血液の流れを促す作用があります。
ラベンダー 気分を落ち着けたり、痛みを和らげる効果があります。
カモミール 日ごろからティーにして飲むと効果があります。

マジョラムラベンダーカモミール


ダイエットには

消化促進効果を持つハーブや、老廃物を流し出す働きのあるものをティーにして飲むと効果的です。もちろん、普段の食生活にも気を付けてください。

ハーブ 効果・効能
セージ 肥満解消に効果が期待できます。
そのまま料理に使っても、ティーにしてもOK。
フェンネル からだの老廃物を外に出す働きを持っています。
ステビア 砂糖の数百倍もの甘さを持ち、しかも低カロリーです。

セージフェンネルステビア


貧血には

鉄分の吸収をよくするビタミンCを含んだハーブや、血行を促進する働きのあるハーブを積極的に摂るのがおすすめ。

ハーブ 効果・効能
ローズヒップ ビタミンCを多く含みます。ティーにどうぞ。
ハイビスカス ビタミン類やクエン酸を含み、 カリウムが多いため利尿作用もあります。
ローズマリー 血行を良くする働きがあります。
レモングラス 強壮作用があり、血行を良くします。

ローズヒップハイビスカスローズマリーレモングラス


ペットには

虫よけに効果のあるハーブをペットの首輪に使ったり、食事に少し混ぜましょう。(ペットの種類によって、向き不向きがあります)

ハーブ 効果・効能
カモミール
ローズゼラニウム
キャットニップ
ペニーロイヤルミント
ノミよけとして、首輪に使います。
市販のノミよけ用首輪は刺激が強いものが多いのですが、ドライハーブなら安心です。
ローズマリー
オレガノ
ペットのストレス軽減のため、食事にほんの少し混ぜてもよいでしょう。

カモミールローズゼラニウムキャットニップミントローズマリーオレガノ


便秘には

食生活の偏りや運動不足、ストレスなど、便秘の原因はさまざま。
根本的な解消には、適度な運動や規則正しい食生活が必要です。食物繊維を多く含む食事を心がけましょう。

ハーブ 効果・効能
ペパーミント 血行を良くする働きがあります。腸内ガスを排出する働きがあり、腸を整える効果があります。
ローズマリー 胃腸の働きを高めます。
ローズ 便通を良くするのに効果的。血液を浄化してホルモンのバランスを整えます。

ミントローズマリーローズ


リフレッシュには

すっきりとしたミント系の香りや、さわやかなレモン系の香りが効果的です。フレッシュなミントの葉っぱを浮かべれば、よりリフレッシュできます。

ハーブ 効果・効能
ミント メントールのすっきりした香りが効果を発揮。
ペパーミントもスペアミントもハーブティーにして飲むと気分がリフレッシュします。
レモングラス
レモンバーム
ハーブティーにすると、レモンの香りで元気が出ます。

ミントレモングラスレモンバーム


リラックスには

寝る前や食後にゆっくりとハーブティーを飲んだり、ハーブバスにのんびりつかるとリラックスできす。

ハーブ 効果・効能
ラベンダー 鎮静効果や疲労効果があり、ハーブティーやハーブバス、ピローと幅広く使用できます。
ローズ ハーブティーにすると、レモンの香りで元気が出ます。華やかでエレガントな香りは、不安な気持ちを抑えます。

ラベンダーローズ


「ハーブ効能一覧」ダウンロードはこちら

塚本 有子 監修 『育てて楽しむ ハーブ』 新星出版 2000年
・ISBN:4-405-09664-3  育てて楽しむハーブ―育て方からクッキング、クラフト、活用術までハーブの知りたいがいっぱい  (p168~174参照)
一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑