ハーブの特徴と効果


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブとは

ハーブとは何か

カモミールハーブ(Herb)の語源は、ラテン語で草を意味するHerba(ヘルバ)に由来しています。

地球上の、山や森、野の草、緑の芝生、花壇の草花、熱帯雨林にある植物……。

いったい、植物の中でどんな種類のものをハーブといい、どのくらい種類があるのでしょうか。

思いきり広い意味に解釈すれば、あらゆる植物はハーブといえるかもしれません。なぜなら、ハーブとは「私たち人間の暮らしに役立つ植物」のことだからです。

ですから、よくよく考えてみると、役に立たない植物、つまりハーブではない植物はありえないように思えます。→詳しくは、ハーブの定義で解説しています。

ハーブと香草

ハーブは「香草」とよばれる場合もあり、すべてのハーブには香りがあるような印象を受けます。

ヨーロッパ中世の時代に、香りを持つハーブが魔よけになると信じられ珍重された伝統から、現代でも主だったハーブに個性的な香りを特徴とするものがたくさんあります。

香料植物としてはもちろん、特に料理に用いるものや美容化粧品に加えるハーブのほとんどに、好ましい芳香を放つ種類が集中しているので誤解されやすいのですが、「香草」はハーブとイコールではありません

ハーブの香りの正体は植物にごくわずかに含まれる精油(エッセンシャル・オイル)で、複雑多様な成分で構成されるこの精油を正しいやり方で用いれば、私たちの心や体にさまざまなプラスの効果を発揮するのは事実です。

カモミールハーブなどの精油を使ったこうしたテクニックをアロマテラピー(芳香療法)といい、伝統的でありながら、最新の自然療法として注目を集めています。

香りはハーブのすべてではありませんが、主要な特徴をあらわしているのは確かです。

一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑