ハーブの歴史


新着レシピ

 

本日:
昨日:
現在の訪問者数:現在

ハーブの歴史(中世Ⅳ)~紀元16世紀~17世紀~

植物学の父、ウィリアム・ターナー

ロンドン橋とテムズ川16世紀の薬草専門家でイギリスの植物学の父として有名なウィリアム・ターナーは、薬用植物を熱性・冷性・乾性・湿性の度合いによって分類しました。

熱・乾性は陽の力冷・湿性は陰の力にそれぞれ対応するものとし、その度合いには四度あって、例えば熱性一度という薬用植物は熱性二度の植物ほど暖める作用が強くないという考え方です。

冷性にも四度の段階があります。もっとも、こうしたものは陰陽とぴったり厳密には対応していないので、同じ一つの薬用植物が熱・湿性、あるいは反対の冷・乾性に分類されることもありました。

17世紀はイギリス薬草学者の黄金時代

バッキンガム宮殿17世紀、魔女狩りや宗教弾圧などの影響から伝統医薬ハーブの知識は抑圧されたのですが、ローマから遠く離れていたイギリスは薬草学者の黄金時代となりました。

ジョン・ジェラード、ニコラス・カルペッパーおよびジョン・パーキンソンはすべてこの時代の人々です。

薬草についての人々の知識は非常に深まり、しかもこの知識はまだ化学に見劣りしませんでした。

薬草医学が広く行われたために、ニセ医者やペテン師たちはすばやくこの風潮に便乗しました。ユージン・リンメルは書いています。

「金モールつきの豪華な赤いコートで身を飾った旅回りの薬草売り、または『ニセ医者』は、優雅な馬車の上から口をあんぐり開けて見つめる群集に声をかけ、楽器の伴奏とともにその香水といかさま薬を売る。
……この連中はふつう、粉薬・チンキ・丸薬・オーエコロンおよび点滴下剤を扱っていた。」

ヴェルサイユ宮殿この時代には、薬草医学が、特に医療関係者たちの間でその信頼を失い始めます。これは前記のようなニセ医者たちが現れたことが大きな原因でした。

1722年に書かれたジョセフ・ミラーの著書『薬草誌』は、カモミール・シナモン・ウイキョウ・ジュニパー・ローリエ・ペニロイヤル・ローズマリー・タイムなど数十種類のエッセンスについて触れています。

なお、17世紀後半には、イタリア人のジョヴァンニ・パオロ・フェミニスがドイツの町ケルンで、ハーブや薬草を付け込んだ水を「オーアドミラブル(すばらしい水)」として売り出し、のちに「オーデコロン」として知られるようになりました。

ウィリアム・ターナー(1510年~1568年) 国籍、職業:イギリス 医者・牧師

イギリスの植物学の父として有名で、薬用植物を熱性・冷性・乾性・湿性それぞれの度合いによって分類しました。中国の陰陽の概念に似ています。

ジョン・ジェラード(1545年~1612年) 国籍、職業:イギリス 植物学者

ロンドンのホルボーンに薬草園を作り、エリザベス女王の顧問ウィリアム・セシルの庭園の責任者となったり、ケンブリッジ大学に植物園の設立を提案しました。

1597年には、『本草あるいは一般の植物誌』を出版しています。

ニコラス・カルペッパー(1616年~1654年) 国籍、職業:イギリス 医師・占星術師

1616年に『the English Physicians』を出版、369種の植物の特性や用途について記述してあります。

薬草やハーブに関する知識のほかに、占星術に関する知識も深かったようです。

ジョン・パーキンソン(1567年~1650年) 国籍、職業:イギリス 博物学者

チャールズⅠ世に仕え、 1640年に『広範囲の本草学書』を出版しました。

花園や家庭菜園、果樹園のほか、3,800の植物について記述しているハーバリストの一人です。


一緒に読まれている記事

無料壁紙カレンダー作成

ハーブSNS

ハーブレシピクッキング

無料ハーブアプリ

アロマテラピー検定

ハーブ資料

利用法別ハーブの効能一覧

ハーブ香りの効能一覧

ハーブバス効能一覧

ハーブ精油 香りの強さ一覧

精油の7分類・香りのタイプとノート

アロマテラピー検定2級 全300問

アロマテラピー検定1級 全330問


PAGE TOP↑